スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

琴浦さん 第03話

binnbougami08_07.jpg

(どうみてもギャルゲのBADENDルート)
まず、琴浦さん可愛い 感情移入する点で非常に重要かなりグイグイくる子だよね 人付き合いのヘタさ故のことかは分からんけど普通のアニメなら壁が必要になるレベルだが…
先輩カップルのお話もあるのだろーか もうイチャコラ完成してるっぽいけど音痴を音痴と言える仲はかなり親密普通の萌えアニメならいちいち決め台詞を言ってウザがってたけど、真鍋くんはヒーローだからね 仕方ないね
こんなお気楽ムードなのにこの子と仲良くなっても、果たして見る側は許せるのだろうか(笑 どーいう展開にするか気になりますレイプ目か泣くか吐くか、毎回やってるんだよなあ これも個性っすね

可愛くて丸っこいキャラ造形で、凡百の日常アニメと思わせておいて
魅力の本質は欝要素と、中々にスパイスが効いてる作品ですな。
(オタクの)巷でも話題。
主人公やまわりの人間に不幸が起こるーってのはよくあることなのですけど
それは徐々に順を踏んで一大エピソードとして扱うのが一般的な萌えアニメ。
この作品の特筆すべきところは、1話の中に陽と陰のエピソードが配置されてる点です。
それもかなり極端なやつ。
ドラマ性もそうですが、ありそうで中々やらないこの構成が、
いつ不幸になるんだろうという、ただの日常アニメにはない緊張感を与えてくれます(笑

ちょっと古い例えになりますが、ヒロインの不幸ありきで進行する名作、
世界名作劇場の小公女セーラなんかに通じるものがあるなと。
幸せにはなってほしいんだけど、可哀想な境遇や苦難にも目が離せないっていう。
中々に個性派な作風で、話題になるのも分かりますね。
3話までは、毎回楽しみに見させてもらってます。

あとは、1クール丸々この緊張感を保ちながらゴールできるかですね。
最終欝兵器である、琴浦さんのお母さんをどのように投入してくるかが見もの。

ただ、不幸あるところに救いがあるのがアニメのいいところ。
(そのおかげで真鍋くんのヒーロー補正がやばいですが ありゃ惚れる)
上手く仕上げてくれればかなり泣ける作品になると思うので、期待してますわ。
[ 2013/01/30 11:26 ] 琴浦さん | TB(0) | CM(3)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/29 19:09 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/14 14:22 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/22 17:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/774-003da101









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。