スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WHITE ALBUM 第19話

whitealbum_02_01.jpg

WHITE ALBUM 第19話の所感です。
1期のときから、このアニメのキャラクターが喋る台詞が
どうも他のアニメとは違う存在感を発していると思ってましたが
やっと分かりました。
主人公以外、キャラクターのモノローグが一切ないんです。
アニメでは地の文と言っていいほど重要な、心理描写を容易にするそれが全くなく、
仕草、表情、台詞の端々を読み取って行間を察するように
視聴者の理解度の尺度を問われる作りになってる。この話数でやっと確信を得ましたよ。
こんなマニアックな仕掛けをしちゃ、そりゃあ見る人いなくなるわ!(笑
でも、分かったときの快感というか、なんとも言い知れない感情は
唯一無二の出来であることは違いない。
あえて一押しに据えているのも、孤高のけれんみたっぷりの脚本あってこそ。
玄人好みといったら褒めすぎですが、他のアニメ的な台詞回しと展開とは
明らかに一線を画している作品です。

whitealbum_02_02.jpg

で、この話の感想ですが急転直下でしたね。たまりにたまった疑念が一気に晴れて
これからどう物語が進んでいくのか楽しみになる展開でした。
原作ゲームをプレイしたT氏に聞いてみたんですが、ライバルプロダクションなんて
存在もしなかったみたいですね。
今回の話を見る限り、完全オリジナルルートに入ってると見てよいでしょう。
なんせ、あの子が台頭してるくるとはついぞ思わなかったですし。

うーん、まさにトレンディ。冬弥くんとユキはハッピーエンドになるんでしょうか!
俺は今のところ無理だと思います!
[ 2009/11/19 00:10 ] WHITE ALBUM | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/73-b649dd43









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。