スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dororonえん魔くん メ~ラめら 第12話(最終回)

dororonemma12_01.jpg
(イッちゃってる 未来に生きてるなこれ)

Dororonえん魔くん メ~ラめら 第12話(最終回)の所感です。

最終話のアバンはドカベンぱろ いい動きチキチキマシンと思ったらマリカーだし、相変わらずフリーダムだな(笑何でミカンの中に武器が… 突っ込んだら負けだな
この人も永井豪作品からなのかなバルタンは分かるけど松とか、とてもじゃないけどネタがフォローしきれん(笑ナイス恐怖新聞
最後までちゃんと脱いでるパワーアップして勝つと思ったら、別にそんなことなかったぜ安定のエロ枠
トリスのおっさんとかこれとかわりとモロだけど大丈夫なのかな(笑この作品は伏線張るだけ無駄だな愛の力が抑えられなくて、世界をダメダメにしちゃうのね
う~んマジキチふう… 続編におわせたけど、果たして いくらでも続きができる作品ではあるけどね

10秒先の展開が全く読めない、型破りで無鉄砲な展開がウリのエロコメディ
ノスタルジックバトルアニメも完結。
脚本家が何かクスリをきめてるんじゃないかと疑ってしまうほどの
荒ぶる脚本は、エロ可愛い映像クオリティと反比例して見る人をどんどん絞っていった
気がします。かく言う私も「え、こんなこと話してたっけ?」と
視聴しながら何回も巻き戻しをしていた始末。
永井豪と昭和とエロリスペクトが混ざりあって、どの要素も全く自重しないまま
映像に仕上げてしまったという印象です。
こりゃあ、人を選ぶわ(笑

この暴走ぶりは最終話Bパートでさらに別の次元へ昇華。
えんまくんと雪子姫がキスしてからの映像は見ているこっちが、
テレビで放映していいか不安になってくるほどの、アートっぷり。
天界、地獄界、人間界、全ての生物が乱交している様子を何分間にもわたって
流すとか、ほんとマジキチ。脳のどこかがとろけるかと思った(笑

じゃ、まとめです。
ストーリーがかっちりした小奇麗なものや、ただエロを追求したもの、
萌えやギャグをウリにしている類とは一線を画した、危うい異常さが見え隠れしてる。
表面はただのバカエロなんですが、裏には狂気めいた空寒いものを感じますね。
そんなところを評価して、ランクはDにしたいと思います。
いわゆる異端児的作品です。
まあ、ワケがわからない混沌さがこそが、この作品の肝なのかもねえ。

<TB送信先>
http://blog.livedoor.jp/kuma_road51/archives/52304676.html

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/672-155492b9


Dororonえん魔くん メ~ラめら 最終炎

『Dororonえん魔くん メ~ラめら』の12話は最終回で、天国選抜チームとの戦い。ゲスト声優にえん魔くんと艶靡ちゃんの両親役として、初代えん魔くんの野沢雅子さんと初代雪子姫の坂井 ...
[2011/07/10 22:08] URL ホビーに萌える魂







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。