スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紅のDVDを一気に買う

kurenai01.jpg

そして放映が終了してから一年半ぶりに一日で全部目を通しました。

kurenai03.jpg

原作と似て非なる設定や独特の色彩、キャラクターデザインが裏目に出て
決して大衆受けする作品ではありませんでしたが、
私の中でこの作品は2008年ナンバーワンです。

いつ見返して沁みる台詞やプレスコならではの会話劇、紫の可愛さといった魅力は
もちろんのこと、音楽や美術、何気ない所作が登場人物全員を
確実にその世界に生きていると思わせてくれる説得力を出していると思います
どこを齧っても私のハートにど真ん中ストライク。

kurenai02.jpg

願わくばもう一度とは言わず、何度でもこのスタッフで新しい作品を
製作してもらいたいものです。
コメンタリー聞きながら見返したのに、節目のシーンで涙ぐんでる自分がいて
本当にこの作品が好きなんだなあと改めて思いました。
[ 2009/11/08 20:33 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/66-179c0d5a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。