スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そらのおとしものf(フォルテ) 第02話

soranotomosimonof02_01.jpg
(頭の悪さでは他作品を寄せ付けない)

そらのおとしものf(フォルテ) 第02話の所感です。

恥じらうイカロス…かよ彼女の天下はここまで分かりやすい3ヒロインの役割
すんなりと馴染むなよ(笑安心の白線 煩悩を消せってのは無理な話順応性高いな
ニンフもソハラと同じような事考えてるのね自らがエロ本のネタになれるとは ば科学力死を覚悟した者の表情
ジジイがフランクすぎる(笑頭悪いなー(褒め言葉祭りで一番馬鹿だと思ったのはエロ本マスゲーム

1話ラストに出てきた金髪のエンジェロイド(アストレア)が本格的に
動いた回だったわけですが、イカロスとニンフがトモキをすぐには
助けにいかない理由がすぐに分かりました。
いくらなんでも馬鹿すぎる(笑
トモキの隙をつこうと禅寺の修行に付き合ったり、エロ本になったり、
毒を盛ろうとするなど、散々策を弄して上手くいかないとこもそうですが
一番馬鹿なのは、普通の人間相手にこんな絡め手を使っていること。
イカロスより近接戦闘が強いなら一撃で仕留められるだろ(笑
でも馬鹿って理由だけで、全ての行動に合点がいっちゃうなあ。
だって馬鹿だもんなあ。

一方トモキもエンジェロイドに欲情をしないように、
精神を鍛えにきているわけですが。
勃起を笑いのネタにしてくるアニメはこれと、P&Sくらししかやらんだろうな。
「呼んだ?」じゃねえっつうの(笑
挙句の果てには1話から連続出場である爺ちゃんの「いいんじゃね」。
笑うわこんなもん。そして違う意味で悟りを開くトモキのエロ六道輪廻。
馬鹿なアストレアには明るいエロがほんとよく似合う。
こりゃあ80年代のノリだわ。

と、新キャラに押され気味でしたがニンフのデレっぷりや
イカロスの健気さもちゃんと配分されてて、エロと萌えと馬鹿らしさが
全て補給できるよい回でした。
エンディングのエロ本祭りは少々狙いすぎた感があって、
笑い的には外していましたが、まあ悪く無い出来です。

そしてエロ馬鹿な主役の代わりにストーリーを進めてくれるメガネによって
明かされる、アストレアが来た意味。
夢とシナプスの中枢が繋がるという点や、丘に植えられている木と
成分が一致した点など最小限の時間で進めてますね。
ここらへんの構成割合は一期そのままでいい感じです。

このシリーズでトモキがアストレアのマスターになるのかねえ。
そんなとこも気になる。

こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。いつもお世話になっております。記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


まず最初に、お忙しい中当ブログのアニメ評価企画に参加して頂きありがとうございました。アニメ評価企画9の最終結果は、現在当ブログにて掲載中ですのでよろしければご覧になって下さいませ。

評価企画9の最終集計結果↓
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51622440.html

さて、今回も「今期終了アニメ(9月終了アニメ)を評価してみないかい?10」と題しまして、評価企画を立ち上げましたので、参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば、参加して頂けると嬉しいです。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51622970.html


今後も色々とお世話になると思いますが、どうか末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。宣伝大変失礼いたしました。
[ 2010/10/14 23:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/449-be5ce71d


そらのおとしものf 第02話「驚愕!天使は馬鹿だった!!」

未確認生物に欲情してる(笑)
[2010/10/13 23:10] URL 記憶のかけら*Next

そらのおとしものf(フォルテ) 2話

そらのおとしものフォルテの第2話は、アストレアが智樹の前に現れました。でも、イカロスとニンフは全く警戒せず。
[2010/10/15 22:47] URL ホビーに萌える魂







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。