スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

みつどもえ 第07話

mitudomoe_06_01.jpg
(今週の一番はこのシーン)

みつどもえ 第07話の所感です。

ひとはがガチレンジャーに出会い、惚れるエピソードと佐藤親衛隊が
初登場するエピソードの実質二本立てになっていました。
どちらの話もこのアニメらしい勘違いに勘違いを重ねた上でさらに勘違いを
呼び込む負の連鎖のような話に仕上がっていて笑わせてもらいました。
大体メインになる人が酷い目にあいますよね。(ただしふたばを除く)

私はてっきり、幼少期から特撮モノが好きというキャラ付けがひとはに
なされているものとばかり思っていたのですが、好きになる過程から描写が
あったのでちょっと驚き。まあよく考えれば勧善懲悪モノが小さい頃から好きだったら
こんな一癖ある性格にはならないか(笑

mitudomoe_06_02.jpg

初めて得た感動を人と共有したいと思うのは人の常。
ひとはの仲間を求めての行動も無理はないです。
ただ、特撮なんていうちょっと歳のわりに振りにくい話だと
世間体を気にして、知ってる人にしかできないんでしょうねえ。
ひとははプライドが高いほうですし。
そこへ絶対的な大人の代表、先生自らがタブーに切り込んでくれた。
普通はここで終わりですけど、まあそこはみつどもえ、
すんなり終わるわけないですな(笑

パンチラと特撮、勘違いの視点が目まぐるしく変わる方法が斬新でしたねぇ。
そして少女の前で(勘違いだったにせよ)あんなにも情熱的に小学生のパンツが
好きと宣言するやべっち。電光石火で死ぬべきと処断するひとは。
この流れには笑わずにはいられなかった。最高です。

mitudomoe_06_03.jpg

後半の話で耳年増な太眉の豊崎さん声の子がでばってきて、ひとはちゃんが
前回に続いて白く(笑 ひとはだけやべっちとタイマンのエピソードが多いですね。
みつばとは違う意味で良識派だから絡ませやすいのかな。
別にツンってわけでもないしね。普通に喋っているだけで可愛いな。

佐藤親衛隊のお話。学校中にファンの女の子がいるって大した人気だな。
この子たち全員が佐藤のプールの残り汁を飲んでもいいと思っているのか…
パンツ見せれば彼氏にできるって聞いてみんな迷いもなく追いかけるくらいだから
相当な覚悟なんでしょう。何がきっかけはよく分かりませんが。
風呂入るかって聞かれて二つ返事でOKとかもうね。

今後ふたばとの絡みでこの人気がどこまで落ちていくのか、見ものです。
こーゆー作品のイケメンキャラはそうなる運命ですし。

あー来週も楽しみだなっと。
[ 2010/08/16 23:35 ] みつどもえ | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/368-07119203


みつどもえ 第7話 「ガチで愛してしょうがない!?」 感想

不幸の嵐―
[2010/08/16 23:51] URL wendyの旅路







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。