スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

B型H系 第12話(最終回)

bgatahkei05_01.jpg
(ああ、B型H系よ永遠に)

B型H系 第12話の所感です。

えー、とうとう終わりました。私の毎週の楽しみの一つが。
ちゃんとHをして終わるのか興味深かった最終話でしたが、私はオチるべきところに
オチたと思ってます。言うなれば1死1塁の送りバントのような収まり具合。
山田がコスダに対してアプローチして、それが何らかの理由で失敗する。
この流れ自体はマンネリ、ありきたりとも言われそうなものなのですが
それを作画力、演出力、声優の演技力の高さで
最終話まで退屈なく見せてくれたと思います。
下品だけど、嫌悪感の湧かないギリギリのラインで笑いをとっていたギャグの
バランス感覚もいい点ですね。限りなくラブコメに近いエロコメって感じ。

bgatahkei05_02.jpg

100人とHしたいという大それた目標のわりに、コスダという実直さだけが魅力の
冴えない男に固執し、遂には逆に攻略されて終わるという結末でしたが
(最終回ではエロ神もコスダを落とすことが第一になって、目的がすり変わっていた)
まあ、さもありなんってことで。
山田というキャラクターはHが目的という時点でオタクには媚びていないキャラだと
思うのですが、最終回のデレっぷりを見るとそうも言っていられない気がしてきた(笑
ツンデレ成分を毎回エロコメで覆い隠していましたが、最終話は完璧に
デレてましたからね。でも、さすがに山田に萌える人はいないんだろうなぁ。

最終回といえば、コスダの姉の能登が動じる姿が可愛かった。
もっと出番を増やしてほしかったと今になって思うほどの慌てっぷり。
能登さんのレギュラーが最近少ないけど、やっぱいい声ですねぇ。

bgatahkei05_04.jpg

スタッフロールの入りが既に1年放送したような堂の入ったもので、さすがだなぁと。
謎の感動が胸中に押し寄せてきましたよ。
ヒロインの設定が突飛な作品ではありましたが、なぞっている線は基本に忠実なもので
奇をてらわない安定感のある楽しさを提供してくれた作品だったと思います。
分かりやすい華がないので、今時の若い人には受けないでしょうけど
私はこういう作品を送り出してくれたスタッフに感謝したい気持ちです。

評価は納得のAランクってことで。


ランクの説明はこちら
[ 2010/06/18 22:32 ] B型H系 | TB(2) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/06/19 01:23 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/06/19 03:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/290-c6c9f59e


B型H系 第12話「僕らのために世界は回る さよなら…B型H系/天使になった山田!さらば!B型H系!!/神様!B型H系よ、永遠に」

最後まで面白くて、可愛い山田でしたね
[2010/06/20 14:29] URL 記憶のかけら*Next

B型H系 第12(最終)回

B型H系の第12回(23話・24話)は最終回です。山田と小須田の初Hは…。サブタイトルは松本零士先生の関連作品のパロです。
[2010/06/24 23:06] URL ホビーに萌える魂







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。