スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RAINBOW 二舎六房の七人 第08話

rainbow02_01.jpg
(個人的に佐々木先生祭りだったので、お見苦しいキャプがあるかもしれません)

RAINBOW 二舎六房の七人 第08話の所感です。

脱獄という、刑務所ものでは花形のエピソードだったので
まるで少年漫画のごとく、「俺のことはいいから先に行け」のオンパレード。
仲間みんながアンチャンのことを思って、奮闘する姿は真に迫るものがありました。
バレモトのあだ名の由来がよかったなぁ。

rainbow02_02.jpg

というのは表向きの感想で、今回は佐々木先生ですよ。いい顔があまりに多すぎた。
これはもうキャプらないとっていう。

完璧に狸親父の最低野郎なんですが、ついつい笑っちゃうんですよね。
この人のせいで、感動するはずの山場なエピソードが変顔祭りに早変わりですよ。
いや、楽しかったからよかったけども!
ダメだ、キャプ見るたびに笑ってしまう。
普段の糸目からのギャップがありすぎて笑いのツボにきますわ。

次回予告でシャバで生活してるとか予想外の展開になってましたな。
拳闘で稼ぐってことは今までの看守の横暴に耐えるってテーマから
世間の荒波に耐えるに変わるのかしら。

あえて触れてきませんでしたが、OPで壮大なネタバレをかましているので
マリオに何かよからぬ事が起こりそうなのは必至?
どうなるのかしら。
[ 2010/05/31 11:58 ] RAINBOW 二舎六房の七人 | TB(0) | CM(2)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/01/29 21:36 ] [ 編集 ]

Re: 佐々木先生のプライベートビーチ

ああ、コメントどもです
佐々木先生のインパクトはも一人の教官の比じゃないと思いますわ
[ 2012/02/24 00:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/273-8fbae87c









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。