スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おおかみかくし 第1話

ookamikakusi_01_01.jpg
(副題は「八朔のなる頃に」で決まりですね)

おおかみかくし 第1話の所感です。
都会から閉鎖された村社会という、限定されたコミュニティに放り込まれた
主人公が分けも分からないまま、土着の信仰やしきたりに翻弄されてしまうという、
原案が竜騎士07ってのも納得なお得意?の設定でした。
いや、1話のうちはまだそこまでいってませんが、恐らくそうなるでしょう。
平和な日常の陰で、忍び寄る非日常とそれが当然だと思っている村人たち。
どこか狂気染みている展開はお手の物ってところでしょうか。

ookamikakusi_01_02.jpg

いや、変だと思ったんですよ。都会から転入してきた主人公がここまで
クラスメートにチヤホヤされる作品は珍しいですから。
絶世の美少女(笑)ならともかく、しょぼくれたメガネですからね。
名づけ親が意識しているかどうか分かりませんが、あだ名はまんま
ハカセ君になりそうだし。
なんか呪い的なもので、主人公が標的にされているに違いないです。

一目見た時から主人公にゾッコンの五十鈴さんも、本人が意図していないにしろ
なんか裏がありそうだし、描かれているビジュアルをそのまま受け入れる
作品ではどうやらないみたい。
主人公の腰まわりにお尻を密着させながら一回転するとか、
かなり面白エロい動きをしていたのは評価に値しますがね。
これ、気になる人は見るべきです。あり得ない動きですから(笑

ookamikakusi_01_03.jpg

八朔祭りが実施される頃にはまた人死が出て、お話がループしていくといったことには
さすがにならないだろうと思いますが、今はまだ謎が多くてよく分からないですね。
ネムリちゃんが大鎌ふって、赤い目の人を滅殺する理由とか。
友達同士が殺しあう狂気に満ちた展開になるか、
はたまたライトな味付けの悪魔退治モノになるのか。
今後も注目です。
[ 2010/01/09 13:02 ] おおかみかくし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/tb.php/122-1978af45









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。